Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

エマ・ワトソン、シンデレラより『美女と野獣』の「ベルと共鳴する」

日本では4月21日公開予定の『美女と野獣』実写版に出演する人気女優エマ・ワトソンが、映画誌「Total Film」の表紙を飾り、エマにとっては同作のヒロイン=ベルの方がシンデレラよりも共感できるキャラクターだったことを語った。

 象徴的なイエローのドレスに赤いバラを持ったベル(エマ)が表紙になっている「Total Film」誌の最新号。Us Weeklyによると、エマは同誌とのインタビューで「『シンデレラ』の出演を断った時は、『美女と野獣 DVD 』の実写化が制作されることを知らなかった」と明かしたという。

 「でもベルの役をオファーされた時、シンデレラよりもずっと共鳴できるキャラクターだと実感したわ」とエマ。ストーンウォール DVD 「ベルにはどこかアウトサイダー的な資質があって、自分が期待されていることに堂々と抵抗する姿勢があったわ。自分が置かれている現状に立ち向かうベルにインスパイアされた。モアナと伝説の海 DVD品位を失わずに確固たる自分の考え方を持っている女性なの」と、周囲に惑わされないベルの強さに共感している。

 「ベルはいつでも好奇心があって情け深く、心の広い人ララランド DVD 。私ならそんな女性をロールモデルとして体現したいわ」とコメントしているエマ。きっと観客を魅了してくれることだろう。

ララランド DVD