Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ユ・ジテ、巨匠ラース・フォン・トリアー監督作キャスティング..アジア俳優最初

俳優ユ・ジテが、ラース・フォン・トリアー監督の新作にキャスティングされた。

映画輸入会社ATNINE FILMによるとユ・ジテは『キングダム』シリーズ、『ドッグヴィル』、『ニンフォマニアック』、『アンチクライスト』、『メランコリア』など破格と論争の中心に立った作品を発表してきた巨匠ラース・フォン・トリアー監督の新作『The House That Jack Built(原題)』に出演した時間の上の家 DVD

特にラース・フォン・トリアー監督の作品には今までただ一度もアジア俳優が出演した前例がなくて、韓国はもちろん、アジアで初めてだザプリズン DVD

ユ・ジテの他にも連続殺人魔“ジャック”役にマット・ディロンとミステリーな人物“ポジ”役のブルーノ・ガンツが主役を演じて、ラース・フォン・トリアー監督の前作『ニンフォマニアック』で強烈な印象を残したユマ・サーマン、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のライリー・キーオなどが出演するある日 DVD

アジアの俳優で最初にラース・フォン・トリアー監督作品に出演することになったユ・ジテは「個人的に好きな監督の中の1人であるラース・フォン・トリアー監督の映画に出演することになり光栄だ新感染 ファイナルエクスプレス DVD 。たとえカメオ出演だが人生の中で特別で意義ある経験になるようだ。謙虚な気持ちで最善を尽くす」と、撮影に臨む覚悟を伝え、3月末にスウェーデンで撮影を終えた。