Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

『力の強い女ト・ボンスン』パク・ポヨン&ZE:Aヒョンシク、甘い恋愛開始…視聴率急上昇

『力の強い女ト・ボンスン』のパク・ボヨンとZE:Aヒョンシクの恋愛が本格的に始まりながら視聴率も上昇した。

1日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、先月31日に放送されたJTBCの金土ドラマ『力の強い女ト・ボンスン』第11話は、7.772%(全国有料放送世帯基準)の視聴率をマークしたタンタラ DVD 。これは先週第10話でマークした自己最高視聴率9.668%に比べて1.896%下落した数値。だが『力の強い女トボンスン DVD 』の視聴率が土曜日より金曜日のほうが低いため、この日マークした7.772%は、これまでの土曜日の視聴率中で最も高い。高潔な君 DVD

どうやら劇中、ボンスン(パク・ポヨン)とミンヒョク(ヒョンシク)の恋愛が本格的に開始されたのが、視聴率上昇につながったものと思われるグッドワイフ DVD 。視聴者が望んでいたボンスンとミンヒョクの恋愛が始まった中、今日(1日)の放送が先週の自己最高視聴率を超えて10%を突破することができるかに関心が寄せられている。

アメリカ人気ドラマランキング、『シカゴ』シリーズ擁するNBCが大躍進!

全米視聴率ランキングのトップ10(ニールセン調べ)が発表された。順位は以下の通り。リスナー 心を読む青い瞳 シーズン5

1.『ザ・ヴォイス(月曜)』(NBC)
2.『LITTLE BIG SHOTS』(NBC)
3.『ザ・ヴォイス(火曜)』(NBC)
4.『60 MINUTES』(CBS
5.『ザ・ヴォイス(木曜)』(NBC)
6.『シカゴ P.D.』(NBC)
7.『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』(CBS
8.『シカゴ・ファイア』(NBC)
9.『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』(CBS
10.『シカゴ・メッド』(NBC)

今回発表されたのは、2月27日(月)の週。ランキング常連の『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』『NCIS:ニューオーリンズ』『THIS IS US』などがお休みとなる(9位の『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』は再放送)中、トップ5に3つランクインしたのはNBCの人気オーディション番組『ザ・ヴォイス』ダウントンアビー シーズン6 。27日から始まったシーズン12から、初回の月曜のほか、火曜、木曜とこの週に放送された回がいずれも1000万人以上の視聴者を獲得した。今回のコーチ陣は、アダム・レヴィーンとブレイク・シェルトンのほか、グウェン・ステファニーアリシア・キーズが務めている。ラビリンス DVD また、子どもを対象とした同局のオーディション番組『LITTLE BIG SHOTS』も、シーズン2の初回が2位に入った。

『NCIS』シリーズで唯一新しいエピソードが放送された『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』が7位につけた一方、ドラマとして躍進が目立ったのはNBCの『シカゴ』シリーズ。シカゴの消防士・救命士の活躍を描く『シカゴ・ファイア』、警察を舞台にしたスピンオフ第1弾『シカゴ P.D.』、病院を舞台にしたスピンオフ第2弾『シカゴメッ DVD』がトップ10入りを果たした。なお、3月1日にスタートしたスピンオフ第3弾、法廷を舞台にした『CHICAGO JUSTICE』は873万人と、10位の『シカゴ・メッド』(882万人)まであと一歩のところだった。

ユン・サンヒョン、ソンジュンのルックスを絶賛「日本人のような顔をしていて羨ましい」

ユン・サンヒョンがソンジュンのルックスを絶賛した。

KBS 2TV月火ドラマ「完璧な妻 DVD 」(脚本:ユンギョン、演出:ホン・ソクグ) の記者懇談会が24日午前、ソウル市永登浦(ヨンドゥンポ) 区汝矣島洞(ヨイドドン) コンラッドホテルソウルのグランドホールルームにてコ・ソヨン、ユン・サンヒョン、チョ・ヨジョン、ソンジュンが参加した中で進められた。

デビュー初期、木村拓哉に似ていると言われていたユン・サンヒョンとソンジュン太陽の末裔 DVD 。この日の席でこの事実が言及されると、ユン・サンヒョンはすぐに「ソンジュンは韓国人より日本人のような顔をしている青い海の伝説 DVD 。韓国人のような顔立ちじゃない。それでソンジュンを見るたびに羨ましいと思った。服の着こなしと脚の長さ、顔の白さ…。あの体を奪いたい」と話して笑いを誘った。

また、ユン・サンヒョンは「ソンジュンの演技を以前から見ていた。今回、ソンジュンがぴったりの役を演じているようだ。撮影現場で僕はアドリブを言うのが本当に好きだ。僕と撮影をする時、自然にそれに応えてくれる。麗 花萌ゆる8人の皇子たち DVD 『コイツ、見てろよ』という気がする」と、演技に対する称賛も付け加えた。

「完璧な妻」は、韓国の平凡な主婦シム・ジェボクのウーマンパワーを描く痛快なジュンマミコ(おばさん+ミステリー+コミカル) ドラマだ。毎週月・火曜日夜10時より韓国で放送されている。

Melody Day『師任堂、色の日記』OSTの8番目ランナーに…『星の歌』リリース

ガールズグループMelody Dayがドラマ『師任堂 色の日記 DVD』8番目オリジナルサウンドトラック(OST)のランナーになった。

所属事務所LOENエンターテインメント側は23日「この日正午、各オンライン音源サイトを通じてSBS『師任堂、色の日記』OST、8番目の収録曲『星の歌』を発表する」と伝えた。

先立って『師任堂、色の日記』には、LYnとISU、紫雨林キム・ユナ、THE ONE、キム・ボムスら韓国を代表するボーカリストが参加した師任堂 色の日記 DVD 。ここにガールズグループFIESTARのヘミらアイドルのボーカリストも参加した『師任堂、色の日記』OSTは、Melody Dayの参加で華やかさを増した。

『星の歌』は、壮大さと華やかさが共存するストリングスのイントロや劇的な展開が際立ったバラード曲。恋のドキドキスパイク DVD この曲は『師任堂、色の日記』の名場面を集めて作った『平昌冬季オリンピック広報映像』のテーマ曲にも選ばれた。猫がいるニャー DVD

Melody Dayは、最近まで4thミニアルバム『KISS ON THE LIPS』で活動しながらパフォーマンスを強化し、SBS MTV『THE SHOW』で2位に入るなどの成果を収めた。また、Melody Dayは今月26日、ソウル鉢山駅周辺でミニファンミーティングとサイン会を開催する予定。

チュ・ジフン&キム・ユンソク、映画『暗数殺人』で共演なるか…「出演検討中」

俳優キム・ユンソクとチュ・ジフンが映画『暗数殺人』の出演を検討している。

キム・ユンソクの所属事務所H.BROTHERS側は23日「『暗数殺人』のシナリオを受け取って出演を検討している。確定した状態ではない」と伝えたその日の雰囲気 DVDチュ・ジフンの所属事務所キーイーストも「『暗数殺人』は、検討している作品の一つ」とし「現在、チュ・ジフンは映画『工作』の撮影に邁進している再審 DVD 。まだ確定した次の出演作はない」と伝えた。トンネル dvd 韓国映画

『暗数殺人』は、未解決殺人事件を追う刑事と殺人魔の対決を描いた映画。キム・ユンソクが刑事役を、チュ・ジフンが殺人魔役のオファー…を受けていることが伝えられたシングルライダー DVD 。キム・ユンソクは、映画『南漢山城』『1987』チュ・ジフンは『工作』『神と共に』に出演する。

『力の強い女ト・ボンスン』ZE:Aヒョンシク「初放送視聴率、目玉が飛び出た」

ZE:Aヒョンシクが、ドラマ『力の強い女ト・ボンスン』の人気についてコメントした。

17日午後2時、京畿道坡州のスタジオでJTBCの金土ドラマ『力の強い女トボンスン DVD 』現場公開及び記者懇談会が行われた。

ヒョンシクは「制作陣と出演陣の両方の会食の席で初放送視聴率がどれくらいになるか話していたら高い数値じゃなくて、それで公約を3%にした。ところが初放送後、視聴率を見て、目玉が飛び出た君を愛した時間 DVD。現場に出てみると監督も口元が緩んでいて、スタッフも皆喜んでいた。浮かれないでファイテンしようと言った。今でもそのときの力で上手くやっている」と話した。麗 花萌ゆる8人の皇子たち DVD

『力の強い女ト・ボンスン』は、パク・ポヨンとヒョンシクの“モンムンケミ”で初放送から4%の視聴率をマークし、JTBC歴代ドラマ中で最高のオープニングスコアを記録したTHE K2 DVD 。以来、視聴率は垂直上昇し、11日に放送された第6話は8.6%の視聴率で最高記録を更新した。

ナムグン・ミン主演ドラマ「キム課長」視聴率17.1%で水木ドラマの1位をキープ!

「キム課長」の視聴率が上昇した。

10日、視聴率調査会社ニールセン・コリアの集計によると、9日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「キム課長」第14話の視聴率は17.1%(全国基準) を記録した。

これは前回の16.8%より0.3%上昇した数字で「キム課長」はSBS「師任堂 色の日記 DVD 」(10.5%)、MBC「ミッシングナイン」(4.2%) を押さえ、水木ドラマ1位をキープした。朝鮮ガンマン DVD

「キム課長」は社会の上下関係を覆す爽快な展開で共感を呼んでいるが、後半に進むにつれ、視聴率は横ばいになっている。簡単に20%を超えると思われたが、いまだに20%には達していない戦おう幽霊 DVD 。果たして「キム課長」がもう一度痛快な展開で視聴率をアップさせることができるだろうか、これからに期待が高まる。